管理 スズキグループ全体の事業活動が、
円滑に、より効率よく運営されるようサポートする部門です。
財務、情報システム、法務、人事など、その内容は様々。
それぞれの現場で高度な専門性と広い知識が求められます。

先輩紹介HPに掲載している部署名、内容はインタビュー当時のものです。

  • 法務
  • 財務
  • IT
働く人が輝く会社にしたい

IT

佐藤 ちさと(サトウ チサト)

入社年度:2014年度(情報理工系学部出身)

利用者の立場になって仕事する

私は、海外拠点で使用されている購買業務に係るシステムを主に担当しています。 クルマは多くの部品で構成されているため、取引先から原材料や部品などを仕入れて、加工・組立などの工程を経て完成した製品がお客様へ提供されます。製品を安定的に生産するためには、取引先と協力しながら、原材料・部品の注文、納品および支払などの購買業務を管理する必要があります。
購買業務と一言で言っても、日本と海外の国や地域ではそれぞれ法律や文化も異なるため、全く同じ業務をしているわけではありません。そのため、実際に現地に赴き、Face to Faceでシステム利用における課題をヒアリングし、その解決策を考え、システムを修正することで業務効率の改善につなげる仕事をしています。頭の中の想像だけで提案するのではなく、実際にシステムを利用される方の話を聞き、利用している様子を見ることで、利用者が本当に必要とする改善方法を一緒に検討していくことができます。
以前、タイにある工場の課題解決に取り組んだ際、現地スタッフから拍手をいただいた時には、仕事のやりがいをとても感じました。
ITやプログラミングの知識も重要ですが、利用する状況や利用する人を理解することでより良いシステムが提案できます。今後も、多くの利用者が今以上に仕事がしやすい環境を提供できるよう、日々の仕事に打ち込んでいきたいと考えています。

ユーザ教育

会議室での打ち合わせ

自分の「好き」を活かす

学生時代はアパレル業界でアルバイトをしました。私自身、その日の気分で服を選んだり、服に合わせて化粧を変えたりすることが好きだったこともあり、お客様に洋服を提案する仕事はとても楽しかったです。しかし、お客様の好みは人それぞれ異なるため、最初の頃は簡単には購入してもらえませんでした。そこで、お客様の雰囲気や好みを読み取り、何を提案すべきか考えながら接客するように努めました。お客様に寄り添い、お客様にとって最適な提案を行うという点が今の仕事とも共通していて、日々の仕事にも活かされています。

社内SEとして仕事をしたい

就職活動に際して、どんな仕事をしたいのか悩んでいる時に「社内SE」という働き方を知りました。取引先の要求通りにプログラムを作成する仕事よりも、IT技術を活用して新しいアイデアを「提案する」仕事の方が自分には向いているのではないかと考えるようになりました。また、地元である静岡県の企業で働きたい思いもあり、スズキに興味を持ちました。
業界研究を進める中で、インドで高いシェアであることを知りました。「相手の国にとって必要なサービスを提供する、相手の立場になって仕事する」など、様々な取り組み姿勢に共感して入社を決意しました。

海外スタッフとの打ち合わせ

職場風景

IT技術をもっと社内へ

スマートフォンやAI、IoTと言った最先端技術が日常的なものになっている反面、社内にはまだまだ時間と人手をかけた業務が多くあります。それらに積極的に耳を傾けて、社内の仕事が円滑に進むようにサポートすることが私の夢です。スズキで働くみんながワクワクしながら仕事できる環境をIT技術で実現していきたいです。

野外フェスを楽しむ

休日は会社の同期や友人と、野外フェスに行って楽しんでいます。フェスでは好きなアーティストだけでなく、初めて演奏を聴くバンドや観客の雰囲気など、新しい発見がたくさんあります。現地に行かないと味わうことができないイベントも多くあるため、毎年、全国どこかのフェスへ同期や友人と一緒に参加しています。音楽とお酒で心と体をリフレッシュできる時間が大好きです。
これからも全国のフェスに参加して、新しい発見に出会えることを楽しみにしています。

夫婦でモルディブ旅行

同期とフェス

  • 法務
  • 財務
  • IT