管理 スズキグループ全体の事業活動が、
円滑に、より効率よく運営されるようサポートする部門です。
財務、情報システム、法務、人事など、その内容は様々。
それぞれの現場で高度な専門性と広い知識が求められます。

先輩紹介HPに掲載している部署名、内容はインタビュー当時のものです。

  • 法務
  • 財務(予算統制)
  • IT
チームスズキをITで支える

IT

服部 琴瑛(ハットリ コトエ)

入社年度:2013年度(情報系学部出身)

多くの人と協力して仕事を進める

現在、私は統合部品表システムの運営を担当しています。統合部品表システムとは、スズキグループ全ての製品とその構成部品の情報を管理しているシステムのことです。バイクやクルマの設計~生産を行う上で重要なシステムのため、設計や生産から営業に至るまで国内・海外を問わず、社内の幅広い部門が利用しています。そのため、様々な部門の方とコミュニケーションを取って協力しながら仕事を行っています。具体的には、統合部品表システムを利用している部門の業務が円滑に進むように、利用部門の担当者から利用上の問題点をヒアリングして解決策を考えて、プログラムを修正することで業務改善につなげるという仕事です。また、海外拠点の仕事をサポートするため、実際に現地に赴いてシステムの使い方を指導することもあります。一般的に「IT関係の仕事」と聞くとプログラムを机上で黙々と作り込むというイメージがあるかもしれませんが、それは仕事の一部に過ぎません。実際には「どうしたらもっと使いやすくできるのか?」「どうしたらもっと生産性が向上するのか?」といった課題に対して改善策を提案して、システムに反映させていくことが主な業務です。国内や海外を問わず幅広い分野の方々と仕事を進めるためには、幅広い知識が求められるので日々勉強が必要ですが、スケールの大きな仕事にとてもやりがいを感じています。

ユーザ教育

相手に伝えるということ

学生時代は家電量販店で接客のアルバイトをしていました。当時は商品の使い方や機能を分かりやすく説明することで、お客様に納得した上で購入していただけるように心がけていました。家電製品はとても種類が多いので、家電に詳しくない方にとっては商品を選ぶだけでも一苦労です。時には、購入していただいた商品が期待していたものと違っていたために返品されてしまうこともありました。そのようなことを少しでも減らすために、お客様に商品を説明する際には、難しい言葉は使わず、分かりやすい言葉で情報を伝えるように努めました。そして、難しい情報をお客様に正確に分かりやすく伝えられた時に喜びを感じました。この経験は今の仕事にも活かされています。

海外スタッフとの打ち合わせ

身近で大切なものを仕事にしたい

クルマは私にとって身近なものでした。父のかっこいいクルマに乗って家族で出かけることをとても楽しみにしていました。また、農業を営んでいる祖父が軽トラックに乗って毎日仕事をする姿を見てきたこともあって、クルマは日々の生活を豊かにしてくれる存在でした。私が感じてきたように「クルマを通して人々の生活を豊かにしたい」という思いから、自動車メーカーを志望しました。自動車メーカーの中でもスズキを志望したのは、国内だけではなく、海外の新興国市場にも力を入れているため、まだクルマが普及していない国の人々の生活を豊かにして、支えることができると思ったことが理由でした。

IT=難しくない

今後は、ITの専門家として成長することで、スズキ全体の仕事を効率化したいと考えています。ITという分野は専門的な用語が多いため、詳しくない方からは「難しいもの」として敬遠されがちだと思います。しかし、社内のどのような仕事においても情報化、多様化、スピード化が進む中で、ITの技術は欠かせないものになっています。私たちがITの専門家として分かりやすく伝えて、システムを利用する部門の方の理解を深めることができれば、もっと多くの仕事を効率化できると思います。
そして、「ITについて分からないことは服部さんに聞こう。」と思ってもらえるように、幅広い部門の方々とコミュニケーションをとって、ITをより身近で分かりやすいものにしていきたいです。

時間の有効活用

休日は自宅でお菓子を作ったり、DVD鑑賞をしたり温泉に行ったりと、夫婦でゆっくり過ごしています。また、まとめてできる家事は休日にやることにより、家庭と仕事の両立を図っています。休日の限られた時間を有効的に活用ができるようにいつも試行錯誤しています。

夫婦でモルディブ旅行

  • 法務
  • 財務(予算統制)
  • IT