設計・実験・品質保証

先輩紹介HPに掲載している部署名、内容はインタビュー当時のものです。

  • 四輪モデル造形
  • 四輪ボディー設計
  • 四輪エンジン設計
  • 四輪電動車・システム設計(システム)
  • 四輪電動車・システム設計(制御)
  • 四輪シャシー車設計
  • 四輪車両性能開発
  • 四輪市場品質保証
  • 二輪デザイン
  • 二輪エンジン設計
  • 二輪車体電装設計
  • 船外機技術開発
喜びが感じられるカタチ

四輪モデル造形

今野 由美子(コンノ ユミコ)

入社年度:2011年度(デザイン系学部出身)

ものづくりの楽しさを実感できる仕事

私はクルマのエクステリアの造形開発の業務を担当しています。主な仕事内容は、デザイナーが描いたクルマのスケッチをもとに、クレイ(工業用粘土)や3D-CADを使って立体化を行い、デザインの検討をすることです。クルマはとても大きな製品ですが、人の顔と同じようにパーツの位置や形が数ミリ違うだけで印象が大きく変わってしまいます。そのため、どのように整えていけばお客様に気に入っていただける形になるのか、日々試行錯誤しながら造形しています。その中で現在私が担当しているのはフロント周りの造形です。部品が多く形も複雑なため、設計や法規の要件を盛り込みながらデザインを決めていくには理詰めの作業が多くなかなか大変です。しかしながら、負担が大きいと感じるときこそ、チームでお互いを助け合いながら問題解決しています。大変だからこそ、完成した時の達成感は大きく、ものづくりの楽しさを強く実感できます。まだまだ数は少ないですが、自分で担当したクルマが街中を走っているのを見ると、とても嬉しい気持ちになりますし、この仕事へのやる気に繋がっています。

クレイを使った立体化

チームで頑張る大切さ

学生時代はマンドリンオーケストラの市民団体にギターパートとして所属し、演奏会に参加しました。オーケストラで学んだことはチームワークの大切さです。目標とする表現を全員で確かめ合うことで、息のあった演奏をすることができました。みんなで演奏会を成功させたときの感動は、ソロでは経験できないものでした。 クレイの造形作業も一人ではなくチームで行います。チーム一丸となって一台のクルマを仕上げていく作業はとても楽しく、学生時代の経験はとても意味のあるものだったとひしひしと感じています。

立体への憧れ

大学ではデザイン系の学部でしたが、絵を描くよりも絵から形を想像して立体化していく工程の方が得意だったため、クルマに限らず「モデラー」という職業に強い興味を持っていました。3D-CADを使ったり樹脂を使ったり、モデリングにもさまざまな方法がありますが、その中でもクレイを使ったモデリングは自動車業界では主流だと知り、自動車デザインのゼミに入り、自動車デザインとクレイモデルについて学びました。インターンシップや会社説明会でお会いしたスズキ社員の人柄がとても良く、また私は浜松出身であるため、地元で安心して働きたいという思いもありスズキを志望しました。

日常で愛されるクルマへ

日常生活の中で愛され続けるクルマを作ることが私の夢です。以前、初代アルトに乗っている方と出会ったのですが、とてもきれいに手入れをされていて、アルトへの愛情を強く感じました。高級車やスポーツカーではなくて、より日常生活に近いところで、小さくても頼れる相棒として長く使ってもらえる、それがスズキの車のいいところだと思っています。私も、自分の携わる製品が長く使ってもらえるクルマとなるように努力していきたいです。

季節イベントでリフレッシュ

春はお花見、夏は海水浴、秋は鉄道旅行、冬はワカサギ釣りなど、四季を感じられるイベントを企画しては 同期や先輩方と一緒に出掛け、オフの時間を楽しんでいます。また、浜松は海も山もすぐ近くにあるので、ドライブに行くと景色が綺麗でとても気持ちが良く、リフレッシュできます。

ワカサギ釣り

  • 四輪モデル造形
  • 四輪ボディー設計
  • 四輪エンジン設計
  • 四輪電動車・システム設計(システム)
  • 四輪電動車・システム設計(制御)
  • 四輪シャシー車設計
  • 四輪車両性能開発
  • 四輪市場品質保証
  • 二輪デザイン
  • 二輪エンジン設計
  • 二輪車体電装設計
  • 船外機技術開発