設計・実験・品質保証

先輩紹介HPに掲載している部署名、内容はインタビュー当時のものです。

  • 四輪モデル造形
  • 四輪ボディー設計
  • 四輪エンジン設計
  • 四輪電動車・システム設計(システム)
  • 四輪電動車・システム設計(制御)
  • 四輪シャシー車設計
  • 四輪車両性能開発
  • 二輪デザイン
  • 二輪エンジン設計
  • 二輪車体電装設計
  • 船外機技術開発
革新的な環境技術でお客様にワクワクを

四輪予防安全開発

青島 英道(アオシマ ヒデミチ)

入社年度:2012年度(電気・電子系大学院出身)

新しい経験と責任

私は、先進安全技術の部品開発・設計を担当しています。先進安全技術の一つとして、衝突被害軽減ブレーキがあります。これは、センサで前方の車両を検知し、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図るシステムで、お客様の命を守る重要な機能です。そのため、製品開発に関わることは一つ一つの仕事に大きな責任が伴います。しかし、開発の初期段階から携わった製品がクルマに搭載され、日常的に街で見られるようになることで大きな達成感を得られ、やりがいを持ってできる仕事です。
先進安全技術は日本国内だけでなく、世界に向けて製品開発をしています。そのため、海外で現地の方々と直接英語で議論し、現場で最適なシステムを作り出す必要があります。言語や文化が違う国での仕事には苦労もありますが、今まで経験したことがない多様な文化に触れることで、技術者としての成長を実感しています。入社後、早い時期から海外経験ができ、若いうちから責任のある仕事を任せられていて充実した毎日を過ごしています。

後輩と仕様について打ち合わせ

”あゆみ”を大切に

私は学生時代、カメラを用いた3次元計測の研究をしてきました。カメラを2台用いてステレオ計測の原理により計測します。カメラの認識、計測技術は日進月歩で進化しているため、日々の生活の中で常にアンテナを高くし、新しい情報を収集することを意識していました。大学の仲間と切磋琢磨して研究することで新しい計測技術を確立し、実験に活かすことができました。実験に成功した時の充実感は今でも鮮明に覚えています。成功と失敗を経験した大学の研究を通して、ものづくりの喜びを体験できました。この経験が「自動車メーカーでクルマを作りたい。大学の研究で得た知識を活かしたい。」と思うきっかけにもなりました。

クルマに直接触れる

私は成果が形として残る仕事をしたいと考えていました。学生時代からスズキと共同研究をしており、カメラを用いた車両挙動の計測や衝突時のボディー計測技術について研究してきました。クルマに直接触れて計測する経験を繰り返し、努力した成果が実際に形となることに非常に興味を持ちました。また、地方では公共交通機関の不足や未整備の道路が多く、経済的で小回りのきく軽自動車が多く活躍しています。狭い路地を軽やかに走り抜けていくスズキのクルマを見るたびに、生まれ育った町で作られているクルマに誇りを持ち、スズキでクルマづくりに携わりたいと考えたことが入社するきっかけとなりました。

センサの調整作業

クルマのイメージを変える

私はクルマを運転する上で一番重要なことは安全であると考えています。毎年大勢の人々が交通事故で亡くなられており、身の回りで交通事故を見聞きすることもあります。クルマ好きな私はそのことが残念で仕方ありません。私の夢は、多くの方の「日常の足」として使用していただける「お求めやすいクルマ」に先進的な安全装備を装着し、世界中に広く普及させることです。今、クルマは世界中の人々にとって欠かせないモノになりつつあります。私は世界中の人々に「クルマには先進的な安全装備が付いていて当たり前」と思ってもらえるようにしていきたいです。クルマから交通事故によるネガティブなイメージをなくし、だれもが安心して運転できるクルマを開発していけるように努力していきます。

遊びに旅行にリフレッシュ

休日は大学時代の仲間とBBQや釣りを楽しんだり、職場の同僚とご飯を食べに行ったりしています。浜松市は山や海があり、景色がきれいな場所も多く、ドライブやアウトドアで遊ぶのにとても良い環境です。長期連休には職場の先輩と海外旅行に出かけるなど、仕事とプライベートのオンとオフの切り換えを心掛けています。また、長期間の海外出張に行く場合には現地の休日に観光地を回り、その土地の魅力を感じるようにしています。

インドのガンジー博物館

  • 四輪モデル造形
  • 四輪ボディー設計
  • 四輪エンジン設計
  • 四輪電動車・システム設計(システム)
  • 四輪電動車・システム設計(制御)
  • 四輪シャシー車設計
  • 四輪車両性能開発
  • 二輪デザイン
  • 二輪エンジン設計
  • 二輪車体電装設計
  • 船外機技術開発