設計・実験・品質保証

先輩紹介HPに掲載している部署名、内容はインタビュー当時のものです。

  • 四輪モデル造形
  • 四輪ボディー設計
  • 四輪エンジン設計
  • 四輪電動車・システム設計(システム)
  • 四輪電動車・システム設計(制御)
  • 四輪シャシー車設計
  • 四輪車両性能開発
  • 四輪市場品質保証
  • 二輪デザイン
  • 二輪エンジン設計
  • 二輪車体電装設計
  • 船外機技術開発
環境技術の制御開発

四輪電動車・システム設計(制御)

立石 健(タテイシ ケン)

入社年度:2009年度(電気・電子系大学院出身)

狙い通り動かすにはどうすれば良いか考える

私はISG車と呼ばれるエコカーの制御ソフトウェアの設計・開発業務を担当しています。ISG(Integrated Starter Generator)とはスズキの独自技術「S-エネチャージ」を構成する部品のひとつで、最新のワゴンRに搭載されています。私の業務は、制御仕様の検討、制御仕様書の作成、制御モデルの作成、机上での動作確認、実車での動作確認等、制御仕様検討から実車での確認まで幅広く行っています。1台のクルマとして見たときに車両全体との協調制御も考えなければいけません。それには、部品の特性や他の制御システムの動きを考慮した上で、最適な制御仕様を見つけ出さなければいけないため、一筋縄ではいきません。しかし、考えた通りに動作が確認できるととてもうれしく、また、自分が携わったクルマが街中を走っている姿を見るとやりがいを感じます。

車両での制御確認

分野が違っても原理原則は同じ

大学ではたくさん授業を受けて勉学に励んでいました。また、大学院での研究は、今の業務とは違う半導体の研究をしていました。大学で勉強したことと今の仕事とは異なりますが、原理原則からモノを考え、実現方法を検討し、実験をして確認するという流れは同じで、理論を理解する事が大切なことも変わりません。

新しい事に挑戦したい

大学生の頃に家のクルマを買い替えることになり、父親といろいろなクルマの試乗をしていた際、スズキのスイフトが一番運転していて面白いと感じたことが、スズキに興味を持ったきっかけです。その後、就職活動の際に「自分の関わった製品をお客様が使っている姿を見たい」と思い完成車メーカーに候補を絞り、中でもスズキは若手でも責任ある仕事を任せられると聞き、自分でも役に立てるのではないかと考えスズキを志望しました。実際に入社してすぐに新機能の制御システムの検討を任せられ、また、色々な制御仕様の設計を次々と担当させてもらい、自分自身、成長を感じることができました。そして、現在も新しい取り組みに参加しており、技術者としてさらに成長できる環境にいます。

車両制御のスペシャリストを目指して

現在、複数の部品が関係する協調制御が増えていて、特に環境技術ではいくつもの部品と協調して制御する事が前提となっています。“協調制御”はそれぞれの部品で行っている制御仕様の詳細を理解していないと、最適な制御仕様を組み立てる事はできません。今はまだ一部の制御システムしか理解できていませんが、今後は、制御技術を一つ一つ覚えて、車両全体が見渡せるようになりたいと思います。そして、私が中心になってスズキから新しい環境技術をどんどん発信していくのが私の夢です。

やりたいことが多すぎて・・・

私はいろいろなことに興味を持つ性格で趣味が多く、春から秋はゴルフ、冬はスキー、スノーボード、時間を見つけてプラモデル作りやダーツ、ゲームなど休みの日にはいろいろなことをやっています。また、入社する前は「モータースポーツは見るもの」だと思っていたのですが、最近では、会社の仲間とバイクの草レースに出場したりもしています。いろいろなことに手を出し過ぎているせいで、一つ一つの腕が上達しないことが最近の悩みです。

趣味の二輪レース

  • 四輪モデル造形
  • 四輪ボディー設計
  • 四輪エンジン設計
  • 四輪電動車・システム設計(システム)
  • 四輪電動車・システム設計(制御)
  • 四輪シャシー車設計
  • 四輪車両性能開発
  • 四輪市場品質保証
  • 二輪デザイン
  • 二輪エンジン設計
  • 二輪車体電装設計
  • 船外機技術開発