国内営業

先輩紹介HPに掲載している部署名、内容はインタビュー当時のものです。

  • 株式会社スズキ自販中部 出向
  • 株式会社スズキ自販長野 出向
  • 株式会社スズキ二輪 出向
  • 国内営業企画部
  • 国内営業企画部
  • スズキのKEY
想いを伝える。お客様のバイクライフを、より彩り鮮やかなモノへ。

株式会社スズキ二輪 出向

藤村 保之(フジムラ ヤスユキ)

入社年度:2012年度(文化情報学部出身)

バイクの魅力、情熱を伝える

私は直営店で直販営業を担当しており、店頭でのスズキのバイクの販売が主な業務です。原付スクーターのように日常生活の移動手段となる商品から、スポーツモデルなど趣味性の高い商品まで、幅広いラインナップを取扱うことが二輪営業の特徴です。営業の仕事は販売がメインとなりますので、お客様のニーズにお応えするための知識を身につける努力が大切です。さらに、バイクの魅力を最大限にお伝えするには、知識だけではなく、情熱や想いも必要だと私は考えています。そのため、展示会・試乗会、ツーリングなどのイベント業務には全力で取組んでいます。直営店とは、スズキの顔として、お客様とのお付き合いをスタートさせる場所です。そこから築き上げた信頼関係によって、今後のメンテナンスや次の販売へとつながります。バイクに関するご相談からプライベートのご相談まで、お客様のバイクライフをサポートする良きパートナーを目指して、日々頑張っています。

MotoGP車両搬入

広く深く、何事にも全力で!

大学では生物統計学を専攻し、植物研究に用いる統計手法の構築・使用検討をテーマに取り組みました。指導教員に恵まれ、他大学の大学院との交流や研究論文の発表といった特別な機会をいただきました。基礎研究の範囲にとらわれず、自己の向上につながる時間を過ごせたと考えています。また、趣味の自転車やバイクに全力で「乗って・触って・楽しんだ」ことも良い経験となりました。趣味の世界から広がる人間関係や知識、ノウハウから多くのことを学べたと思います。学べる頭、遊べる体、愉快な仲間達と共に、学生時代に挑戦した経験が、今の私の礎となりました。

スズキ製品の「楽しい」を伝えたい

学生時代はサイクルショップに入り浸っていました。そこでイベント企画や運営の手伝いをした経験から、「楽しい」を伝えることに魅せられたように思います。もちろん好きなモノを仕事にする不安はありましたが、今は充実した毎日を過ごしています。また、若いうちから様々なチャンスがあることもスズキらしさです。私は店舗の建て替えに伴い、リニューアルオープンまでの管理業務に携わりました。毎月の工事業者との打合せから役所への各種申請準備など初めてのことばかりでしたが、苦労や困難を乗り越えたことで貴重な経験となりました。学生の皆さんは「~したい」という気持ちを大切にして下さい。そして、強い意思を持って、スズキに入社していただければと思います。

リニューアル店舗での集合写真

夢を目標に。目標を現実に

入社時から今も変わらず、バイクの商品企画に携わることがスズキでの私の夢です。元々、趣味の延長線上で自分の考えたバイクが走ることを夢見ていました。スズキに入社し、バイクの営業として働いている現在、漠然とした夢から明確な目標として次第に意識が変わりつつあります。『直販営業として感じるスズキの魅力をどうしたらカタチにできるだろう?』『今後のバイク業界をもっと楽しくする商品って何だろう?』このような考えをやる気の源に日々頑張っています。いつかこの目標が現実となり、私が手掛けた商品がお客様の生活を豊かにすることができたら、私の仕事に文句なしの満点をつけたいです。

日常にも刺激が重要

平日は仕事に打ち込んで、休日はゆっくり過ごすことが大切だと思うことが一般的だと思いますが、私はあえて休日に予定を詰め込んでいます。もちろん、しっかり食べて、しっかり寝ると身体は回復しますが、心のリフレッシュには刺激的な時間が必要だと考えます。最近の休日は、もっぱら2歳の息子と遊んでいます。日に日に成長する我が子に夢中です。そして、時には愛車でロングツーリングを楽しみます。毎日仕事でバイクに関わっていても飽きることはありません。日々夢中です。ただし、家族の理解があってのオフタイムです。それを支えてくれている妻にはとても感謝しています。

MTBツーリング

  • 株式会社スズキ自販中部 出向
  • 株式会社スズキ自販長野 出向
  • 株式会社スズキ二輪 出向
  • 国内営業本部 国内営業企画部
  • 国内営業本部 国内営業企画部
  • スズキのKEY