スズキ製品をご購入いただいた全てのお客様の安全と安心を守り続けるためのアフターサービスを提供する部門です。そして、スズキの製品を最良の状態でご愛用いただくために、迅速で確実、気持ちの良いアフターサービスを心がけるとともに、お客様や市場からのご要望や
ご意見を設計部門や生産部門へフィードバックする役割も担っています。

先輩紹介HPに掲載している部署名、内容はインタビュー当時のものです。

  • サービス技術
  • 国内サービス
  • 海外サービス
お客様に安心して楽しめるカーライフをお届けしたい

株式会社スズキ自販神奈川 出向

楢崎 誠(ナラザキ マコト)

入社年度:2013年度(機械系学部出身)

お客様との信頼関係を築く

私はショールームでのサービスフロントを担当しています。ご来店されたお客様への受付や作業完了後の説明、サービス工場で作業するスタッフの工程管理が主な業務内容です。クルマを安心・安全にお乗り頂くためには、定期的な点検、そして予防整備が大切になるので、クルマの状態に合わせた整備をお客様へご提案することを心掛けています。
私たちサービスの業務は、単にクルマを整備や修理するだけではありません。お客様の不安な気持ちを取り除くこともサービススタッフとしての重要な役割です。
お客様の気持ちを受け止め、問題解決に向けて誠実に対応することで、お客様との信頼関係が生まれます。クルマの整備や修理だけでなく、お客様の気持ちに寄り添うことで本当の意味での安心・安全が提供できると思っています。
お客様から笑顔で「ありがとう」と感謝の言葉を頂けることに、この仕事のやりがいを感じています。

純粋にクルマのことを知りたかった

私は幼い頃からクルマが好きでした。クルマについて「もっと知りたい」という思いが人一倍強く、学生時代から疑問に思ったことはすぐに調べていましたが、クルマの構造は想像以上に複雑で、本だけでは理解できないことも多くあったため、分解できるものは分解して構造から理解するように心掛けました。
「知らないことを知らないままにしない」当時は大好きなクルマについて知りたいという好奇心だけでやっていましたが、今となってはそれが良い経験となり、現在の業務に生かされていると思います。

お客様へ整備内容のご説明

 

個性的なクルマづくり

幼い頃からクルマが好きだった私は早くからクルマにかかわる仕事をしたいと考えていました。就職活動を進める中で、「スズキがワゴンRを世の中に送り出したことで〔軽自動車のハイトワゴン〕というジャンルが多くの方々に愛される存在になった」と聞いて、スズキ製品が新たなジャンルを切り拓いたり、独自性のある製品を展開していることに気づきました。そして、スズキの新しいことに挑戦する姿勢に魅力を感じて、入社を志望しました。

クルマとともに進化するサービス

スズキに限らず、近年のクルマは新しい技術が次々と導入されており、従来のアプローチでは通用しないことも増えてきています。日々進化する技術に対応していくためには、私たち自身も進化することが求められ、今まで以上に知識と技術を磨いていく必要があります。
クルマを取り巻く環境は変化していますが、私たちがお客様に提供するのはこれからも「安心と安全」が一番重要であることは変わらないと考えます。これからも人々から愛されるスズキ製品の安心と安全を守っていけるよう、そして、すべてのお客様に満足していただけるサービスが提供できるよう、今まで以上にスズキのサービス向上に貢献できる仕事をしていきたいと考えています。

サービススタッフとの打合せ

 

同僚や友達との交流

休みの日には友人や同僚とお酒を飲みに出掛けています。もちろん他愛もない話で盛り上がることも楽しいのですが、他の業界で働く友人や他の営業所で働く同僚から仕事に対する考え方などを聞くことは新しい発見が多く、とても刺激になっています。そうした同僚や友人との休日の交流が明日への活力につながっています。

サービススタッフとの打合せ

 

  • 海外サービス
  • サービス技術
  • サービス技術