サービス

先輩紹介HPに掲載している部署名、内容はインタビュー当時のものです。

  • サービス技術
  • 国内サービス
  • 海外サービス
メーカーと代理店の連携

国内サービス

井上 純平(イノウエ ジュンペイ)

入社年度:2011年度(交通機械工学系学部出身)

市場に貢献する人財育成

現在、私は国内サービス部に所属し、サービス技術の新入社員教育を担当しております。 入社後、国内の販売代理店で約4年間サービス技術スタッフとして車両整備の現場経験を積みました。
その現場経験を活かして、新入社員に「車両整備の技術」はもちろん、直接お客様に応対する際の「接客の技術」など、新入社員が販売代理店で活躍できるよう「サービス技術スタッフとしてあるべき姿」の基礎教育を行っています。今後、新入社員には「技術」だけではなく、「販売代理店の仕組み」や「お客様対応の基本的な考え方」、「品質に関する情報収集の大切さ」などを伝えていきたいと考えています。

新入社員への技術指導

『興味』を『趣味』へ

学生時代は、国家資格の2級自動車整備士資格取得のために、自動車の仕組み・構造・法律などさまざまな勉強に取り組みました。私は、自動車の基本性能「走る」「止まる」「曲がる」に関して興味を持ち、プライベートではスズキのクルマ「アルトワークス」で軽自動車の耐久レースに参加していました。出場した大会では、いかに他の軽自動車より速く走るかについて、「運転技術」、「車の性能」、「メンテナンス」の3つの観点で考えていました。実際にクルマを動かし、自分自身で体験することで、より多くのことを学び、新しい発見ができました。

小さなクルマ、大きな未来

スズキを志望したきっかけは、前述の大学時代にスズキのクルマ「アルトワークス」に乗っていたことです。「アルトワークス」に乗ったことでスズキの軽自動車の魅力に取りつかれました。スズキのイメージとして、最初に思い浮かべるのは「軽自動車」です。自分でスズキのクルマを運転することで、走行性能・エンジン性能などの性能面にこだわって作られている「軽自動車」であることを実感しました。また、海外においても200以上の国や地域のお客様にお使いいただいており、世界中で「愛されている」自動車メーカーであることもスズキを志望した理由です。

チームワーク

4年間、販売代理店でお客様の声を直接うかがって、お客様のスズキに対する期待・要望および改善点をクルマづくりにフィードバックしていました。販売代理店で学んだことはアフターサービスの大切さです。スタッフ全員が、スズキのクルマをご購入いただいたお客様一人ひとりに対して、「このクルマに乗り続けたい」、「次もスズキのクルマを買いたい」と思っていただけるようなサービスを提供し、お客様との信頼関係を構築することで、スズキのファンになっていただける方を一人でも多く作っていきたいです。

接客の技術を教える

ON・OFFの切り替え

休日は、主にドライブをしています。私の性格上、自宅でじっとしていることができないのでとにかく外出します。スズキの本社のある浜松に引っ越して間もないので、職場の同僚や先輩から周辺の観光地の情報を聞き出しては、愛車で出掛けることを楽しみにしています。

  • 海外サービス
  • サービス技術
  • サービス技術