生産技術 スズキの基板である、ものづくりの現場の最前線です。
より「価値ある製品」を生み出していくために、品質やコスト、
そして今後一段と重要になる環境対策にも配慮しながら、
より優れた生産の在り方を実現していく部門です。

先輩紹介HPに掲載している部署名、内容はインタビュー当時のものです。

  • 生産技術(鋳造)
  • 生産技術(プレス)
  • 生産技術(溶接)
  • 生産技術(組立)
  • 生産技術(組立)
  • 生産技術(二輪・船外機)
  • 海外生産(四輪海外生産)
 高品質なボディー板金部品を生み出す

生産技術(プレス)

近江 剛史(オオミ タケシ)

入社年度:2011年度(機械系大学院出身)

クルマの外観を作る

現在、プレス金型の生産技術者として、新機種の生産準備を行っています。クルマの車体はフード、フェンダー、ドア等の多くの板金部品から構成されており、それらは一枚の鉄板からプレス成形によって作り出されています。プレスとは、金型に材料を入れ、プレス機で圧力を加えることで、鉄板を成形する技術です。複雑な製品を作るためには、鉄板から形状を出す工程(絞り工程)、不要な部分を切る工程(トリム工程)、穴を開ける工程(ピアス工程)、曲げる工程(ベンド工程)など、多くの工程があります。私の業務は、デザイナーや設計者が求める形状を、プレス金型を用いて「高品質・高生産性・ローコスト」な板金部品として作り出すことです。この3つを満たすために、金型製作前に解析技術を用いて最適な金型の形状・構造を検討し、金型製作後はトライ&エラーを繰り返し、不具合対策を実施していきます。
プレス課はクルマの外観を作り出す仕事のため、大きな責任とやりがいを感じながら業務に取組んでいます。

プレス後のドア形状確認

「計画通りに進める」難しさ

大学では、プレス成形に関する基礎研究に取り組みました。研究活動では、計画を立て、実験で使用する金型の設計、製作、実験、結果の考察を繰り返し行いました。その過程で、予想とは異なった現象や結果が出ることもあり、研究を「計画通りに進める」難しさを感じました。現在の業務においても、予想とは異なる現象や結果により、計画通りに進まないことはありますが、学生時代の経験が役立っていると感じています。

生活を支える小さなクルマを作りたい

「お客様が直接触れる製品を作りたい」という思いが強くあるなかで、約3万点の部品から構成され、それが様々な技術の集合体である自動車に魅力を感じました。その中でも、コンパクトカーを低コストで製造する「小少軽短美」というスズキの方針に共感しました。そして、日本国内における高齢化社会や環境意識が高まるなかで、今後、「小さなクルマ」が多くの人々の生活を豊かにできると思いスズキを志望しました。また、私ハスラーの開発にも携わりましたが、最近では街中で多く見かけるようになり、大きな喜びを感じています。

海外で通用するプレス金型を作りたい

現在は国内の新機種開発業務を行っていますが、いずれは海外機種担当となり、私が開発に携わったプレス金型で製造したクルマを世界中の方に乗って頂きたいと考えています。そのためには、どこの国のお客様が使用しても喜んでいただけるような、安定して高品質な製品を作り出せるプレス金型構造・成形方案の開発を行う必要があります。今後もプレス技術に関する知識や経験を身に付け、将来はグローバルに活躍できる生産技術者として、様々な国や地域の自動車の普及に貢献していきたいと思っています。

金型の構造検討

同期に恵まれたオフタイム

同期入社の仲間でフットサルチームを作り、地域のフットサルリーグに参加しています。月に1度開催される試合に向けて、勝負にこだわりながらも、楽しみながら日々の練習に励んでいます。チームメイトは他部門の人も多いため、様々な情報交換することもでき、良い刺激になっています。また、夏にはバーベキュー、冬にはスノーボードなど、季節ごとにイベントを満喫しています。恵まれた同期のおかげで、休日は心身ともにリフレッシュすることができています。

  • 生産技術(鋳造)
  • 生産技術(プレス)
  • 生産技術(溶接)
  • 生産技術(組立)
  • 生産技術(組立)
  • 生産技術(二輪・船外機)
  • 海外生産(四輪海外生産)