生産技術 スズキの基板である、ものづくりの現場の最前線です。
より「価値ある製品」を生み出していくために、品質やコスト、
そして今後一段と重要になる環境対策にも配慮しながら、
より優れた生産の在り方を実現していく部門です。

先輩紹介HPに掲載している部署名、内容はインタビュー当時のものです。

  • 生産技術(鋳造)
  • 生産技術(プレス)
  • 生産技術(溶接)
  • 生産技術(組立)
  • 生産技術(組立)
  • 生産技術(二輪・船外機)
  • 海外生産(四輪海外生産)
高品質なクルマを作る

生産技術(溶接)

野口 晃(ノグチ アキラ)

入社年度:2011年度(機械系大学院出身)

溶接ラインの設計および立ち上げ

クルマのボディは、およそ700~1000個の板金部品から構成されています。これらの板金部品は、ロボットで電気抵抗溶接(スポット溶接)し、クルマの形状に組み立てられます。この設備は溶接生産ラインと呼ばれ、私は、このラインの生産準備を担当しています。具体的には、機種に合わせて設備や治具の仕様検討、品質改善、コストダウンへ取り組んでいます。 溶接生産ラインでは安全にクルマを生産することはもちろんのこと、生産性を高めながら高品質なクルマづくりが求められます。高品質なクルマを「より早く」、「より安く」生産するため、新しいクルマの開発段階から打合せなどに参画し、生産技術部門としての意見を設計部門へ伝えています。 将来技術への取り組みも積極的に行っています。現在は作業者が治具にセットしている部品をロボットが自動でセットすることで溶接ラインの無人化に取り組んでいます。こうした最新の技術を学びながら仕事ができることに、大きなやりがいを感じます。今後、お客様へより高品質でお求め易い車を提供できるよう溶接ラインをより効率よく設計していきます。

ロボットプログラムの確認作業

試行錯誤から得た経験

学生時代は流体工学の研究室に所属し、「半導体製造装置のプロセス解析」に取り組んでいました。研究活動は、「実験データをまとめる」、「新しい解析方法を試す」、「解析結果を基に、新たな条件で再度実験する」といった流れをひたすら繰り返し、苦労して論文をまとめ上げた記憶があります。実験と評価を繰り返す地道な作業を積み重ねることで、研究成果を上げることができました。
学生時代の研究内容は現在の生産技術の仕事に直接結びつくものではありませんが、試行錯誤を繰り返すことで得た結果を次へフィードバックし、最適な解を導くといったプロセスは現在の仕事と同じで、この経験が今の仕事に役に立っていると実感しています。

自分の携わった製品を世界に

学生時代からものづくりに関わる仕事に興味があり、その中でも人々の生活に密着した製品で、多くの人々の生活をより豊かにできる自動車業界で仕事がしたいと思っていました。特に、スズキは成長著しいインド市場でNo.1のシェアを持っており、スズキであればより多くの方に私が携わった製品を使っていただけるのではないかと考えて志望しました。

現場責任者と現地摺り合わせ

スズキブランドを世界へ

スズキが他のメーカーを圧倒する高品質なクルマを「より早く」、「より安く」生産できる工場を世界中につくり、多くの国や地域でシェアNo.1を獲得することが、私の夢です。 世界中で高品質なクルマを提供できる生産ラインを作り、世界中のお客様にとって「価値ある製品」をお届けし、 スズキブランドを世界中に広めていきたいです。

シュミレーション治具設計

海外への旅行

長期連休などは英語の勉強ついでに海外旅行へ出かけています。
良い景色を写真で撮ったり、現地の人と話をしていると、気持ちがリフレッシュされ、次の仕事に臨むことができます。
社内にもインド人やハンガリー人、同期には中国人やインドネシア人、つい最近も後輩に中国人が入ってきたので英語を使う機会があり、勉強になります。

同僚とバーベキュー

  • 生産技術(鋳造)
  • 生産技術(プレス)
  • 生産技術(溶接)
  • 生産技術(組立)
  • 生産技術(組立)
  • 生産技術(二輪・船外機)
  • 海外生産(四輪海外生産)