スズキ株式会社

RECRUITING

Job Introduction仕事紹介

写真:木部 恭平

国内営業文/理

スズキ車の魅力を伝える
宣伝資材の制作

国内営業(本社)木部 恭平

2011年度入社/経済系学部出身

お客様へスズキ車の魅力を伝える

私は国内営業に関する宣伝資材の制作を担当しています。お客様が手に取るカタログ、お店に飾られるポスター、新聞の折込チラシ等の制作やその他にもモーターショーやオートサロンなどのイベントの準備、運営にも携わっています。

入社から約6年間は販売代理店へ出向し、「直販営業」としてショールームで直接お客様へクルマを販売してきました。その後、現在の職場に異動となりました。

販売代理店では、社是にある「消費者(お客様)の立場になって」の精神で丁寧な接客を心掛けて、営業活動に取り組みました。その結果、お客様に「木部さんからクルマを買いたいんだよ。」と言っていただいた時は泣きそうになるくらい嬉しかったことを憶えています。現在は本社勤務となり仕事の内容も変わりましたが、今でも「消費者(お客様)の立場になって」の精神をもっとも大切にしています。私の企画した宣伝資材が、お客様がスズキ製品を選ばれる「きっかけとしていただければ」と思い日々の業務に取り組んでいます。

創設間もないサークルでの活動

大学時代に所属したサッカーサークルは当時創設したばかりで、2年生、3年生はほとんど所属していなく、4年生が主体のチームだったため4年生が卒業した後、2年生となった私たちがチームを引っ張ることになりました。

頼れる先輩がいない中、自分たちで練習場所の手配から合宿の準備、大会への参加手続きまで全て行わなければなりませんでした。また、なかなか人が集まらず練習を2人きりで行うなど、一時はサークルの存続が危ぶまれる状態でしたが、何とか立て直して、後輩に引き継いで卒業できたときは本当に良かったと感じました。

当時出会った仲間は今でも交流が続いており、連絡を取り合い集まるときには当時の苦労話で盛り上がります。

幅広いお客様に
身近に感じてもらえる会社

学生時代からドライブが好きで一週間かけて北海道を周ったこともあった私は、当初、「ドライブが好き」という単純な理由で自動車業界を選びました。

しかし、就職活動を進める内に「クルマでいろんな場所に出掛けて、いろんな景色を見て、その土地の美味しいものを食べる。人々の行動範囲をぐっと広げられるクルマって素晴らしいものじゃないか」と考え、「クルマの魅力をもっと多くの人に伝えたい」と強く思うようになりました。

そして、自動車業界の中でスズキを選んだ理由は、スズキであればより多くの方に出会え、クルマの魅力を伝えられると考えたからです。都会を離れれば、クルマは一家に一台ではなく、一人一台という存在です。だから、「小さなクルマ」を提供するスズキは、多くの方にとって身近に感じてもらえる会社だと思って志望しました。

ナンバーワンのお店を作る

今後は営業の現場に戻り、現在の宣伝広告の経験を活かして取り組みたいことがあります。それは店舗づくりやお店からの情報発信、お客様へのアプローチ、展示会の企画などです。

スズキだけでなく、自動車業界の模範となる店舗を作っていくことが、私のスズキでの夢です。

とにかく外で遊んでリフレッシュ

オフタイムは普段と違う空気を吸うためにドライブや旅行に行きます。週末はまだ行ったことのない場所にドライブして、初めてみる景色や風景を見てリフレッシュしています。長期連休には大学時代の友人と旅行して、学生時代の昔話からお互いの仕事の話など、他愛のない話でも盛り上がります。

また、フットサルをしたり、スノーボードに出掛けたりと体を動かすこともリフレッシュになります。休日を楽しんで気分転換することで、仕事にも集中して取り組むことができます。

※部署名、内容はインタビュー当時のものです。

page top